トップ » 株主の変化で経営も変化

経営する上で最も重要なこと

「企業は誰のものか」は近年経営分野で議論がなされている論点ですが、カタカナでいいますと、まさにコーポレートガバナンスです。コーポレートガバナンスを単純に日本語に訳すと「企業統治」ですが、これではなんのことかわかりません。日本ではこれまで企業は「経営者と従業員のもの」という考え方が主流でした。しかし、欧米では企業は株主のものという考え方が一般的でした。しかし、最近になり日本でも欧米式の考え方が主流を占めつつあります。その理由は、日本のおける企業の株主に変化が見られるようになったことです。以前は、株式の持合で親しい企業に株を持ってもらっていましたが、それが自由化されたこと大きな要因です。

コーポレートガバナンスとは

コーポレートガバナンスとは企業統治ともいって、企業の不正行為防止や収益、競争力の増大を総合的にとらえることで、企業価値を増大する取り組みのことを言います。経営と所有を分離した株式会社で、株主は直接的な運営を行わないため、株主の利益が損なわれる可能性があります。また、こういった利害関係は株主のみならず、債権者や従業員、取引先などの間においても発生します。コーポレートガバナンスの目的は、ステークホルダー全体の利益を守ることであり、株式会社において、経営にかかわる代表者を監視、規律するというかなり重要な役割を果たしています。

相合傘ブログパーツ

経営管理についての情報